電動ミニカーと電動3輪トライクの違い

電動ミニカー

  • 定格600W以下のモーターを使用した3輪、4輪車。
  • 規格:2.5m×1.3m×2m以下、1人乗り、積載30kg未満
  • 運転には普通自動車免許が必要。
  • 登録は市区町村の役所。
  • 車検は不要。
  • ヘルメット、シートベルトの着用義務なし。
  • 自賠責保険は必要。
  • 自動車税は年間3,700円。

 

 

電動3輪トライク

  • 定格1kw以上のモーターを使用した3輪車。
  • 規格:2.5m×1.3m×2m以下、1~5人乗り
  • 積載重量に制限なし(安全基準内)
  • 運転には普通自動車免許が必要。
  • 登録は軽自動車協会。(登録上は側車付軽2輪)
  • 車検は不要。
  • ヘルメット、シートベルトの着用義務なし。
  • 取得時に自賠責保険、重量税(4,900円)が必要。
  • 自動車税は年間3,600円。

 

 

共通の利点

  • 維持費が安い。(車検もなく、家庭用AC100V充電など)
  • 3輪車なので2輪バイクと比べて倒れにくく、シニアでも安心。
  • 環境にやさしい。(排気ガス無し、騒音も少ない)
  • エンジン式車両と比べて部品点数が少なくメンテナンスが容易。
  • ガソリン充填、オイル交換不要。